ホーム » 2020年 私的ビッグイベント » プロフェッショナルな方たちと
a

プロフェッショナルな方たちと

Shaer
Tweet
Pinterest
Print

藤田です。

2020年にむけて準備中の私です(#^^#)

 

最近は、色々な分野のプロフェッショナルな方とご一緒することが多くて、

本当にありがたいことだな、と思っています。

 

どんなものにもその道のプロがいるのはわかっていますが、

ハンドベルだけに目を向けていた数年前の私には

まさか出会うこともなかっただろう人たち。

 

人との繋がりで、人と出会い、そういう方とご一緒する機会に恵まれるなんて

正直、1年前の私は、思ってもいませんでした。

 

今振り返ると、始まりは、このホームページだったかもしれません。

ホームページ持つことに決めて。人との出会いの場に連れて行ってもらうようになって。

 

こんなことができたらいいな、と思っていたことが、ある漫画家さんとの出会いで形になり

もうすぐ私の手元に、実物となって届くことや。

 

私の大きな夢を形にするために、どうアピールしていくか、webページをどう使っていくか、

ひとつひとつ言葉を積み上げていくアドバイスをいただいたり。

 

2020年のイベントに向けて、今現在、たくさんの方が動いてくれていて

夢は、心の中にあるいつかではなくて

言葉にすることで、実現へと歩き始めていて。

 

1人では勇気がなかったことも、快く一緒に引き受けてくれる仲間もいて。

初めてのことでも、たくさん緊張することでも、

一緒に楽しんで、すごい経験だったね(#^^#)、と笑ってくれることに

何かの縁で出会ったのならば、神様ありがとう!といいたい気分です。

 

わたしが、すごいなぁと感じる人たちに、私はどう見えるのかな?

変わった人だ、と思われても、私は、自分の道でプロフェッショナルでいたいな。

 

先日は、このプロジェクトの一環で演奏動画を撮影してもらいました。

こんなにライトを浴びたのは、人生初だし。

1つの曲を何回演奏したのかも、覚えていないし。

 

少しでも良いものを作ろうと、妥協しない製作スタッフのみなさまとの時間は

長いなんて、ちっとも感じなかったけれど、

ただ待っていたら、長かっただろうにと、あとから気が付いた。

 

「なにもしていませんよ」とか

「いい機会を得られました」とかいってくれるけど、

現場にいてくれるだけで、どこかで待っていてくれると思うだけで

なんだか安心できるような方たちと

一緒にお仕事できて、私は幸せだと思いました。

 

関わる全ての方たちの、こんな協力を、頑張りを、ひとつも無駄にしたくない私です。

 

 

動画撮影風景から

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts

Scroll to Top