ホーム » 2020年 私的ビッグイベント » 後半戦、突入しました❣ ~クラウドファンディング~
a

後半戦、突入しました❣ ~クラウドファンディング~

Share on facebook
Shaer
Share on twitter
Tweet
Share on pinterest
Pinterest
Share on print
Print

藤田です(#^^#)

1月15日に開始したクラウドファンディング。気が付けば、半分を過ぎていました。

45日もあると思っていたのに、長い戦いだと思っていたのに、残りあと20日。

今は、SNSでの拡散の他、お会いした人に1人1人に、こんなカードを配ってプロジェクトを知っていただく活動をしています。

支援の操作がうまくいかなくて受けたご相談への対応や、応援・支援の輪を広げるために尽力しています。

自分の夢を実現するためだから、当り前だけど、こんなにも前向きに活動できる、自分の中から湧き上がってくるような情熱に、自分でも少し驚いています。

『私にはできない』とか、『思い切ったね』とか、私の行動と決断に驚く感想も多々聞きますが、今の私は自分が後悔しないことしか頭にないので、誰に頼まれたわけでも、何の義務でもなく、ただただプロジェクトの成功だけを見つめています。

今思うことは、走り出した者の勝ち・・・かな?(笑) 失敗を恐れて、何もできないより、とりあえずやってみることのできる自分であってよかったと思う。

だって、まだ結果の出ていない今でさえ、クラウドファンディングに挑戦したことに後悔がないし。今までいろいろ活動してきて、誰にも届かないような孤独感に苦しんだ時期もあったけれど、今回は周りからの「がんばれ!」の気持ちをこんなに感じているし。

応援・支援には、色々な形があって、もちろん支援をしてくれた方たちには、感謝以外ないけれど、「動画見てるよ!」といった言葉での励ましや、シェアやいいね!、リツイート等での情報拡散の協力、ブログで私のことを記事にしてくれたり。私のサイトのQRコードをプリントしたカードを配るのを手伝ってくださったり。

どれをとっても私には、うれしく、温かく、数えきれない方の応援の気持ちに支えられて、この期間を過ごしてきました。

とにかくサイトを見て、ハンドベルに興味を持ってくれる方からの反応を、こんなにリアルに受け取ったのが、本当に初めてで。自分が素敵だと思っていることを、素敵ね!と共感していただける人たちが、たくさんいる現実にとても励まされています。

想いは、言葉にしなければ伝わらない。

どんなにハンドベルを愛していても、私のように行動できる人ばかりでないことは分かっています。

みんなもやれば?なんて思っていません。適材適所があるとするなら、私は今回のプロジェクトは、まさにそうだと思う。

私は、私にできることを。私のプロジェクトに関わっている方たちは、それぞれの得意分野で最高のパフォーマンスをするために、みんな努力してくれています。

前に出ているのは私ですが、たくさんの人が、それぞれできることを頑張って私の後ろに控えています。

その方たちのためにも、私は最後まで、全力で走り切らなければならないと、気持ちを新たにする今日でした。

あと20日。ゴールを切るまで、どうか応援・ご支援、引き続きよろしくお願いいたしますm(__)m

イングリッシュハンドベルの魅力を伝える体験会付きコンサートを開催したい!

 

 

 

 

Related Posts

Scroll to Top