ホーム » ハンドベル開発 » 「あったらいいな」を形に!
a

「あったらいいな」を形に!

Shaer
Tweet
Pinterest
Print

ハンドベルのオンラインレッスンサイトをリリースした最近。

レッスン動画を見てくださる方に、何をどう提案していくかの一番の課題は

生徒さん側には楽器がないという現実をどう超えていくか、ということ。

ハンドベルを習い始めて、ぶつかった最初の壁が、次のレッスンまでの準備。

楽器が手元になくて、どう練習したらいいのか。ピアノを長く習ってきた私には、大きな課題でした。

そのころから、あったらいいなと思ってきたものが「練習用のハンドベル」

それは、ミュージックベルでも、トーンチャイムでもなく、「ハンドベル」

過去に一度、そのことを相談した相手がいました。でも、その時はいろいろな理由から、開発は不可能であると判断し、動かず、あきらめた。

でもその方は、私の相談を覚えていてくれたんだよね。

今年6月に初めてのソロコンサートに挑戦した私。コンサートを聴きに来てくれたと思っていたその方は、

休憩時間に、演奏用テーブルの上に置いてあったイングリッシュハンドベルを、自分の目で見て確認してくれました。

コンサート終演後、その方が私にかけてくれた言葉は、「作れるから」

何のことかわからない私に、「ハンドベル、作れるから。連絡して。」

びっくりした。

自分がもう諦めていたことを、覚えていて、「できる」といってくれた事実に。

その後、私はハンドベルをもって、その方に会いに行った。2022年7月7日。

その日から、私とその方は、練習用イングリッシュハンドベルの開発のためにタッグを組んだ。

金属の専門家 福崎昌宏先生。イングリッシュハンドベル奏者 藤田美千子。

ハンドベルを愛するたくさんの方たちに、手ごろな価格で提供できる練習用ハンドベルの研究・開発に、現在進行形で取り組んでいます(#^^#)

Related Posts

Scroll to Top