大切な楽器たち

Shaer
Tweet
Pinterest
Print

年末は、自宅の大掃除に明け暮れていたので、年明けハンドベルを磨いてメンテナンスをしました。

実は、昨年、中古のマルマークハンドベルを5オクターブ入手することができ、磨くベルが倍以上に増えちゃった(笑)

日本製のアプリハンドベル+マルマーク7ベルは、昨年1年間の感謝を込めて、そして「今年もよろしくね!」という気持ちで。

追加購入のアメリカ製のマルマークハンドベル5オクターブは、私のもとへ来てくれてありがとう、そして「これからよろしくね♫」という気持ちで。

どちらも、しっかりピカピカに(#^^#)

マルマークハンドベルには12音のアドオンセットもついていたので、こちらもピカピカに。

このアドオンセット、実は昨年暮れに始めた「12bellクラブ」で既にレッスンデビューしてます。

次の12bellクラブは2月開催予定。また参加者のみなさまに、イングリッシュハンドベルの楽しさをお伝えできるように活躍を願ってピカピカに。

それから、以前ブログでキャンセル待ちとお伝えしたアメリカのイベントは、昨年演奏に忙しくしている最中に、アメリカから連絡が来て、リンガーとしての参加が可能になりました!

年明けから、アメリカへ行く準備を始めていて、事務手続きはほぼ終了。アメリカでの演奏曲はマルマークで練習しています。

贅沢な練習環境であることに感謝しつつ・・・。だけど、この楽器でプロとして生きていく以上、すべてが必要なものと思っています。ベルがあることで、広がる発想や、できることが増え、昨年末の演奏も豊かなものになったから。

大切に使っていくことしかできないけれど、いつも素敵な音色で鳴ってくれるように、メンテナンスしていきたいと思います。

さて、今年は1月15日から演奏開始。埼玉県所沢市での依頼演奏からはじまります。こちらもとても楽しみ(#^^#)

2月後半はアメリカでイベント参加、そしてコンサートに参加して帰国します。4月、5月はイベントが目白押し!また折を見てご連絡いたしますね。

演奏の機会をいただけることに感謝しながら、私の自慢の楽器イングリッシュハンドベルと一緒に頑張っていきます。

Related Posts

Scroll to Top