ホーム » よくあるご質問 » ハンドベルを演奏するとき、どうして手袋をするの?
a

ハンドベルを演奏するとき、どうして手袋をするの?

Shaer
Tweet
Pinterest
Print

イングリッシュハンドベルのチームは、みんな手袋をして演奏していますよね。

これは、おしゃれをしているわけでも、格好つけてるわけでもないんです。

 

イングリッシュハンドベルは、銅と錫の合金でできています。

だから、水や油に弱く、とっても錆びやすいのです。

鐘の部分(キャスティング)を素手で触るのは、厳禁です。

だから演奏者は、みんな手袋をしているんですね。

手袋には、手を保護する役割もありますので、

ハンドベルに触れるときは、必ず手袋をするようにお願いします。

体験会に参加する方への注意として、服装の注意も必ずお伝えしています。

胸元に固いボタンや、ビーズなどの飾りのついた服装は

演奏の時キャスティングを傷つける原因になりますので

避けるようにお願いしています。

胸までかかるアクセサリーも、演奏時は外していただきますし、

髪の毛の長い方は、後ろで束ねていただくようにしています。

うちのお教室の生徒さんたちは、

レッスンの後、柔らかいクロスでベルを拭いてから片付けしてくださいます。

みなさん、ハンドベルを大切に扱ってくださいます。

ハンドベルはデリケートな楽器です。

ぶつけたりすると音質にも影響が出てしまいます。

体験レッスンといえども、ハンドベルは優しく扱ってくださいね。

楽器を大切にしない人は、音楽も上達しません。

どんな楽器でも、同じですよね(#^^#)

 

 

 

Related Posts

Scroll to Top