ホーム » ひとりごと » 悔しさをバネにして@イングリッシュハンドベル
a

悔しさをバネにして@イングリッシュハンドベル

Shaer
Tweet
Pinterest
Print

藤田です。

自分が大切に思っていることの良さが伝わらないと、

がっかりすることってありますよね。

今は、私は、まさにそんな気分

 

ある演奏会に参加することになり、

アンコール用に、ある楽器とのコラボを提案されたのです。

そちらの楽器が用意した「ふるさと」を合奏するのに合わせて、

ハンドベルは、曲に合うように

「チーン」とか、「カーン」とか鳴らしてくださいって

言われたんですよね。( ゚Д゚)

 

言われた時もなめられてるな、と思ったけど

時間がたったら、なんか腹立たしくなり

その楽器とのコラボは、丁重にお断わりしました。

♬「忘れがたき~ ふるさと~」 チーン

想像してみてください。コラボって言えます?(笑)

 

イングリッシュハンドベルはそんな楽器じゃないよ。

奥が深くて、本気で演奏しようとしたらとっても難しい。

(チーンとか、カーンとか、ふざけるな!)

それを分からない人が、この世界にどれだけいることか。

それは音楽に関わっている人にも、たくさん存在していて。

そんな間違った認識を変えたくて、私は日々頑張っているんです。

 

コラボはしないけど、イングリッシュハンドベルは正々堂々と演奏します。

すごい楽器なんだって、

演奏者は、その楽器を演奏するために、

他の楽器と何ら変わりなく努力しているんだって。

ちゃんと分かっていただこうと思います。

 

悔しくて、今日はすっごい練習しました!(#^^#)

 

 

 

 

Related Posts

Scroll to Top