ホーム » ひとりごと » 前だけをみて
a

前だけをみて

Shaer
Tweet
Pinterest
Print

「継続は力なり」

小学校を卒業するときに、担任の先生からいただいた言葉。

言うは簡単だが、実行するのは難しいなあと、人生の中で幾度となく考えさせられてきた言葉。

頑張っていれば、続けていれば、できないことはない!などとピュアな心で信じているわけではない。

続けていても、頑張っていても、思い通りにはいかないこともある。

それでも、続けることすらしなかったら、未来を自分で作っていくこともできないのだと今は思う。

私だって心が折れることはある。想像もしていなかった現実に、傷つくこともある。

それでもハンドベルが好きだという気持ち1つで、この道を進んでいきたいと思う。前だけを見て。

こんなちっぽけな自分に何ができるのか。考えても、ハンドベルを続けていくことしか結局、見つからなかった。

これからも、何があっても、ハンドベルという楽器を諦めたくない。

夢をもって、演奏していく。ずっとずっと、楽しさを伝えていく覚悟です。

Related Posts

Scroll to Top