ホーム » ひとりごと » ミニコンサートの裏話
a

ミニコンサートの裏話

Shaer
Tweet
Pinterest
Print

藤田です

25日のミニコンサート、とても楽しい時間でした(#^^#)

でも、帰ったらクタクタですよ。その理由は、緊張だけではなく・・・。

ハンドベルってのは、結構な大荷物なんです。

演奏だけ見ていると、優雅なイメージがあると思うんですが、実際裏はこれが、またまた、なかなかでして。

3オクターブのハンドベルに、演奏用のマット、譜面台等、そんなものは日常茶飯事に運んでいるので、

毎回、多いな、とは思いますが、慣れちゃっています。

が!今回は、キーボードとのアンサンブル((+_+))

一緒に演奏する優美さんは、ピアノ科出身のピアノ弾きさんなので、

私と合わせるためにお願いしてキーボードを弾いてもらっているんです。

そう、キーボードは私の私物です。

自宅では、クラビノーバを愛用している私。この音を外に持ってくのには、分解するしかない・・・。

それを可能にしたのが、超コンパクトな電子ピアノ、YAMAHAP-121、今回キーボードとして使用したものです。

パンフレットには、こんな写真が載っていました。

お姉さんが、肩にかけて持ち歩けちゃうぐらい軽い!!

これを見たとき、これしかない!と思ったんですよ。

実際、軽いです。キーボード自体は、肩にかけて歩けちゃいます。

しかし・・・

25日の私たちは、あまりにも荷物が多すぎました

キーボードを演奏するには、スタンドもいるし、椅子もいります。

すべて折り畳みですが、そうはいっても・・・。

おまけに、イベントの時はウェルカムボードを用意することにしていて。

今回も、用意したので、イーゼルとコルクボードは必須。

おまけにビデオ撮影をしたので、三脚やらなにやら・・・。機材が追加。

常に、折り畳み式の台車を車に積んでいますが

ららぽーと北館駐車場から会場のチコルまで

準備に3往復、片付けに3往復。ちょっととはいえ、ららぽーとの店内を通らないと

チコルには辿り着かないので、あの日はと~っても長い道のりに感じました(;^ω^)

片付け3往復目には、台車が溝にはまり、動かなくなってしまい

通りすがりのお客様が、「だいじょうぶですか?」とお手伝いしてくださいました。

あの時は、本当に助かりました!ありがとうございました!女神さまでした!

女子2人、こんな力仕事の上に、ミニコンサートが成り立っておりまして・・・。

ケガもなく無事に終わり、、、これに懲りず、また機会を作ろうとおもっています(#^^#)

2日後、松戸市市民交流会館(すまいる)で、土曜クラスのレッスンでしたが

ハンドベルを運ぶのがなんだか軽く感じました!

台車1回で済むなんて、なんて楽なんでしょう?(笑)

思ったより元気だったのには、聴きに来てくれた方からの、うれしい言葉や、笑顔や、拍手や。

やっぱり、それはとても力になって、また頑張ろう!と思えるのでした。

 

 

 

 

Related Posts

Scroll to Top